ソイドルと米麺の比較

100%大豆で作られたソイドルは高タンパク、低糖質、食物繊維たっぷりのヘルシーな大豆麺です。一般に使われるラーメンやうどん、パスタなどは小麦粉や米粉など種類は様々ですが、最近では米麺(フォー・ビーフン)と呼ばれるアジアなどで広く親しまれている米でできた麺もあり、人気があるようです。米麺も低カロリーで健康的な麺ですが、米麺は米粉からできており、主成分は炭水化物でデンプンでできているんです。ではここでソイドルと米麺の成分を比較してみましょう。米麺は約77%のデンプンと6〜7%のたんぱく質、わずなか脂肪、ビタミン、ミネラル、食物繊維が含まれています。大豆麺の原料である大豆の成分はたんぱく質が40%、脂質20%も含み、イソフラボンやビタミンEなど、ビタミン、ミネラルも含んでいます。そして約3分の2が食物繊維なんです。米麺と大豆から作られたソイドルではこれだけ大きな違いがあります。米麺も低カロリーでヘルシーな麺ではありますが、さらにソイドルのほうが、低糖質でありながら、高タンパク、豊富な食物繊維、イソフラボンと優れた栄養がバランスよく含まれた健康食品なのです。